シニア女性

国保連中央介護伝送ソフトの活用方法|介護のチカラ

システムの種類

パソコン

介護サービスを提供している事業者で、とても役に立つのが介護システムです。介護システムには、パッケージソフトとASPがあります。事業者によって最適な介護システムは違うので、違いを理解した上で選んだほうが良いです。

もっと読む

3つのホームの違い

老人と介護士

有料老人ホームは、介護付きや健康型、住宅型、などさまざまな種類があります。有料老人ホームと一言で言っても、種類によってサービス内容は大きく変わります。違いを理解しておけば、ホーム選びもしやすくなります。

もっと読む

伝送ソフトの利便性

PCを操作する女性

会議保険制度を利用すれば、介護保険の自費負担は、利用者は1割だけで済みます。残り9割は、介護保険と公費から支払われることになるので、負担を大きく減らすことができるのです。この介護保険と公費を請求するためには、国保連に給付データを提出しなければならないのです。データの提出は、磁気テープや光ディスクなどの磁気媒体で行なうこともできますが、伝送のほうが手間がかからないですし情報の漏洩も少ないです。国保連中央介護電装ソフトを使用すれば、このデータの提出がとても楽になります。国保連中央介護伝送ソフトとは、国保連が提供している給付費伝送専用のソフトのことです。操作性が高いので、導入したらすぐに使いはじめることができますし、データも扱いやすいから安心です。国保連中央介護伝送ソフト以外にも、介護業務と給付費伝送の機能の両方が付いているパッケージソフトを使用して伝送するという方法もあります。このソフトを使用すれば、保険請求だけではなく、サービスの提供もすることができるのです。ソフトの種類によって価格や操作性などが変わってくるので、事業者に適しているものを選ぶことが大切です。

伝送ソフトを使用することで得られるメリットは、磁気ディスクで請求するよりも、審査結果が届くのが早いということです。請求した翌月の上旬には結果が届くので、スケジュールが立てやすくなります。また、防犯性も高いというメリットも伝送ソフトにはあります。24時間サーバーで監視されているので、大切な情報が盗まれたり、失くしたりすることを防げます。

自由に生活できる施設

手

高齢者施設というと、有料老人ホームのイメージが強いですが、サービス付き高齢者住宅のような生活の自由度が高い施設もあります。兵庫には多くのサービス付き高齢者住宅があるので、理想的な施設に入居しやすいです。

もっと読む