カップル

国保連中央介護伝送ソフトの活用方法|介護のチカラ

3つのホームの違い

老人と介護士

高齢者施設は色々な種類がありますが、その中でもポピュラーなのが、有料老人ホームです。有料老人ホームとは、食事の提供や介護などの日常生活の支援をしてくれる施設のことです。有料老人ホームと一言で言っても、格安料金で提供しているところから、高級なところまで幅広くあります。有料老人ホームは、誰でも入居できるというわけではなく、年齢や健康状態などの条件が決められています。多くのホームでは60歳以上と条件を決めていることが多いので確認しておくと良いでしょう。有料老人ホームには、介護付きと健康型、住宅型の3つの種類に分けることができます。

介護付きは、介護サービスが充実しているのが特徴的です。食事や入浴などの生活の介助以外にも、選択や掃除、健康や大量管理なども行なってくれます。認知症の方や内臓疾患の方でも入居できるというのが特徴的です。また、24時間体制で介護サービスを提供しているところも多いので、安心して生活することができます。住宅型は、要介護度が軽度な高齢者向けのホームです。介護サービスは提供されないのですが、介護を行ないやすい空間になっています。健康型は、健康的な高齢者を対象としているホームのことです。食事や入浴などのサービスはありますが、可能な範囲で家事などは入居者自身が行なっていきます。費用が安いというメリットがありますが、介護が必要になったときには、退去しなければならないという注意点があります。